夫婦関係よりも大事なのは、人間としての信頼関係だ。

  • 約束を守ること
  • 時間を守ること
  • プライバシーを尊重すること

こんな基本的なことの積み重ねで、人間関係は築かれている。

夫婦関係ともなると、ともすれば人間同士の基本を忘れがちなもの。しかし人同士の基本を忘れれば、たとえ僕らが気にするにせよ気にしないにせよ、関係の土台に亀裂が生じるのではないのだろうか。

信頼は貯金のようなものだ、という。プラスは積み重なるものだし、マイナスし続ければいつかは無くなってしまう。そしてほんの些細なことで崩れる時が来る。

たとえば10円の飴玉を買っただけで、自己破産に陥るような感じがするなら、それはそもそも貯金の残高がゼロに近かったり、赤字を重ねている場合なのかもしれない。「こんな些細なことで」関係が崩れかけるならば、それはきっと、土台にある信頼の貯蓄が崩れかけている時ではないだろうか。

僕らは人間関係においては、今月の水道料金を払えなくなった理由さえ、よく分かっていない。馬鹿だ。信頼の収支がどのような状態にあるのかを、見極められていない。

もちろん、これはあくまでも仮説だ。当たり前だけど、私以外私じゃないの。人間同士に起こっていることはあまりにも複雑で、必ずしも正確な理由を導き出せない。「関係性」という巨大なものの中で、何が起こっているのか。たとえば、なぜ自分があの時、あんな行動を取ったのかさえ、自分自身では分からない。適当な理由をでっちあげるか、もしくは多少の努力をして、真実らしい答えを仮定するしかない。

こんなことを書いていると、自分が聖人君子かのように結論づきそうな感じがする。だけど違う。そうではない。僕は対して誠実な人間ではなく、単にわがままな人間、わがままなままでいたい人間。品行方正な男にはなりたくない。だけど逆に、堕落しきった人生は寂しいものだろう、きっと。

時々あることだ。人間として大事なことについて書きはじめると、とたんに、自分が何が言いたいのかが分からなくなってくる。カンワキュウダイ。

僕は人間というものに対して、何らかの理想像を描きたいわけじゃない。そうではなく、なにか自分でもよく分からない問題が生じた時、本当の理由を、より真実らしい仮説を立てておきたいだけなのだ。きっと。

ということで改めて。夫婦関係の中核にあるものは、実は人間同士の信頼貯金である。以上。