低刺激な夫、高刺激な妻。

夫は低刺激志向だ。

夜、手をつなぎながら眠る時でも、ほんの小指の先が触れ合っていれば良い。寝息が聞こだけでも良い。ただ存在を隣に感じながら、ひたすらにゆっくりしていたい。

妻は高刺激志向だ。

手はギュッと握りたがる。ただ隣りにいるだけでは物足りずに、しっかりと身体的感覚を確かめたい。

そんな違い。